ぼくレベルな俺節・・ の巻~☆

おひかえなすって~。
ご無沙汰ぁ!ふくちゃんです。 ニョキニョキと 日々デカくなってます。 だってー、ごはんの美味しい季節なんだもん、ねっ!
母さんだってねー なんかねー デカくなってるよー。 ・・もごっ、うぐぐぐっ! (教育的‘口ふさぎ’指導。)
e0008050_22363535.jpg

                     タイトル 『青い猫(型ロボット)は許せないのにゃっ。』


      ※ナゼか ドラえもんのクッション(UFOキャッチャーの戦利品)を見ると、怯えて戦闘体制に・・。ムヒの次はコレですか(笑)









e0008050_22504015.jpge0008050_2250508.jpg以前に お話した様に、隙間産業・命!な ふくちゃん。
襟元についた鈴で どこにいるか?は分かる。
でもね、
猫足なせいか、たまに気配を消すの。
シャンプーをされて プンプン!な時とか・・
観葉植物に登って(登るにはもうデカく、木は クタクタに;)
パシッとおしりをぶたれた時、などなど
フラストレーションを晴らしてるのか?もしくは
ただ 反撃をしてるのか・・?
聞き耳頭巾が手に入らないので、さっぱり分からない;;

   本来の‘カゴ’の使い道。

間違った‘カゴ’の使い道。
  しかも困るのは、ペイパーを チョ・チョ・チョイッと掻き出してまで、自分が乗るコト。
  先住民は、羽が生えたか?!と錯覚する様な 見事な仕上がりに。 ・・芸術家かっ!

もう、カゴに置くのはやめて(というか、まんま上へ移動) ふくちゃんの出方を見ながら試行錯誤するほかありません。
 (なんせ、彼は今現在 地球の軸・回してる本人ですから。 うちでは、ね^^)


もいっちょ がこちら。

e0008050_2311198.jpg『え?え?お出掛けー?? ぼくもー。 みんなと一緒に お外へ行~く~のぉ~~!!』
この日も悪さして(・・という理由ではないですが^^)帰宅早々 シャンプーした日。
赤い首輪 ついてないでしょ^^?
一緒に生活しだしてからずっと 勢いに任せて駆け登る(肩まで一気!)ふくちゃんですが、シャンプーした日は 特別ベッタリ。 洗われて、グレムリンになって震えてるのも束の間・・ 速乾タオル様で ふきふきした後は、俄然 元通りの暴れん坊。 馬っ?!と思う様な軽快な走りをみせます;;
で、ちょっと出掛けるか・・なんて 動きを見せようもんなら、猫足・忍び足で付いて来る。
ゲート・・ 買おうかなぁ・・。
仕方なしに(キャリー取りに行くの面倒だし)車に乗せてみたら、想像以上に ご機嫌。
母さんはハラハラだったけど、ふくちゃん、よかったねぇ;;

試しに、こないだ 出掛けるふりして隠れてみた^^ そしたら
あちこちで首を伸ばしてキョロキョロ
止まった!と思ったら、ドえらい声を張り上げて、鳴きながら探している!!!
(T-T)!もしかして、毎朝 こんなんかいなー?! 見るんじゃなかったヨ・・;

伸び猫めっ! 『窓ガラスがあるから、トラックが居ても平気なんだ~』
だもんで、この日は 初‘キャリーなし’ドライブ敢行!と あいなりました。 (あくまで今回は サービスなんだからね、ふくちゃんっ


3つ目の 困りネタ;
人の食べ物に元々興味があったのは気付いてましたが、柑橘類まで とは・・!
先代:てとちゃんは、蜜柑の皮を剥いてるだけで、鼻にシワを寄せて そっぽ向いてたのにー。
先々代:ゴロちゃんは バナナをこっそり食べて、そのトロトロ具合から呼吸困難に; (欲張って頬張りすぎ!
どちらも、果物は敵っ!と 認識してた風だった。これに慣れてたばかりに、ふくちゃんの趣向にはショック!ホント雑食ちゃん~;
醤油の香りも好きだけど、白米が好みらしい。
と言うのも、オット氏に持たせるおにぎり(朝ごはんを抜きがち;)をテーブルに置き忘れたら、ガッツリ食べている。
お茶碗につぎこぼしたご飯も、すかさずキャッチして食べる。 米アンテナでもあるのかも・・(._.)
それはそれで まだ納得出来た。 けど、柑橘類って酸っぱくないの?
人間でも 特に子供は、生き延びる先天的な知恵から 酸っぱい&苦い=毒!と認識するそうじゃない?
ふくちゃん、まだまだ子供なのに・・ 蜜柑を剥いてると極上の可愛い顔(&小首傾げ)で にゃーーん♪と 軽めな長鳴きで甘える;
こないだは ローズヒップの出がらし・ポロリんを、それはそれは美味しそうに食べてました(T-T)


【困ったちゃん:まとめ】
やはり・・飼い主に似てくるんでしょうか。 疑問ですが。
そのうちに 私の顔に大きなブチ柄が出て、耳が▲▲になってきたら それ 信じる事にします!
[PR]
by goro_teto | 2005-10-15 00:33 | にゃんこー


<< むむむ・・ 小噺(?)を ひとつ・・ >>