名前が決まったら、まず!

獣医さん、でしょ?
元ノラですし、心配も多々でございます。

e0008050_2101249.jpg

     ※遊び疲れ、会社のソファで突っ伏して寝てます。 あ、今連れてってます。ゴハンの回数が多いので・・

以前に実家で飼ってた‘てとちゃん’は、10年間と そこそこ長生きしたものの 最後は猫エイズでした。よく耳にする 諸症状の進行と共に、抱っこしても 体は空気の様に軽くなり、卵をといたものや出汁(要は、味のある液体)しか喉を通らず、最後の1年は徐々に苦しみが増して本当に可哀相でした(T-T)
全ては外猫だったせい。 (農薬交じりの田畑の水を飲んで、無くなる猫も近所には多かったしなぁ・・。)

もぐらを捕って来たり、犬に仁王立ちで駆け寄ってみたり(威嚇?)、仔猫の面倒そっちのけで デートを楽しんでたり、近所の夕飯GETしてきたり、面白い想い出も多いけど、やっぱ外猫は危険が多すぎて ダメだ!
『みかんとバナナ、どっちがリンゴ?』と言ってるくらいに、飼い主の主観と 猫の幸せは 同じ天秤では量れないのかも・・ですが、生まれた以上 長生きする!ってのが共通事項かと。 人間も同じ。筋肉や内臓が弱り、楽しさも徐々に減ってくる。でも最後の最後に‘ま、トータルすれば幸せだったかもー’と チラリ思って欲しいのです。









とりあえず、今回は自宅に近い獣医さんへ行ってみました。
 (会社近くには住宅(&ペット)も多く、いい獣医さんや安い獣医さんなど情報も多かったのですが^^;)
いざ!っちゅー時に頼って、初回からガッカリしたくない。健康診断なら滅多なコトもされないだろうし・・と、いい機会かなと。
意外と(?)爽やかで男前な先生だったので顔が緩んでしまった~ ^ー^ (むむ・・もしや作戦か?!

事前にTELしたら、う○ちは持って来られますか~?と訊かれた。
人間の、所謂 ギョウチュウ検査的なシートものを想像してまして^^; 今朝のは保管してません・・と お返事。
じゃぁ また次回に持って来ればいいですよ!と言われた矢先に、ブリブリブリ・・と上物を生んでくれました。 ふくちゃん、でかした~!

e0008050_223647.jpg

●体重は 現在500g
 (ちょっと頑張れば、食べきれる重さだ!)

●ペロの端に、口内炎が1つ。
 (甘いお薬を貰う。)

●むし・・お腹の中に、2種類。
ひとつはお馴染みサナダ君と、名前忘れたけど 見た目 ゆで卵半分に切った様なヤツ。
ノミが居たので、むしは居るな・・と思ってたので、驚きはしませんでしたが。
食欲旺盛=むし様パワー、かと思うと 『この泥棒むしめっ!』と 思ってしまうよ。
まだまだ成長期なので、むし野郎(段々呼び方が変わってきたー)だけのせいとも言い切れませんが^^



野良期に拾ったものはノミ様。 サナダ君の元です。
半分ゆで卵型のは、親や兄弟の糞から拾ったものなのだそうです。
どっちも飲み薬で治す予定。 2週間後が楽しみです! ・・が、サナダ君って にょろ♪って出るのかな?ええええ~~?!

薬の飲ませ方や、蚤取粉(まだフロントラインは使えないの・・)の塗り方、を教えて貰いました。
『こうすると暴れませんヨ』 と、猫つかみ・首元持って・をして見せた。
『仔猫が運ばれる時の慣れでジッとしちゃうんです』 と話してる間の姿・・急に真顔で可愛かった!


初めて飲ませた薬は、口を開けるのが大変で こぼしまくりでしたが、何とか適量あげられました^^;


肝心のエイズ検査をするの 忘れてた! (もー、うかうかも えーとこや!
初注射の時期と 同じタイミングでして貰おうかな・・
[PR]
by goro_teto | 2005-09-07 22:03 | にゃんこー


<< ふく袋 待たせたね、セニョ~ル^^ >>